弥生株式会社様 

社内のアイデアが少しマンネリに、
DMに強い会社」という視点でパートナーを探す。

今回お願いしたのは当社の会計ソフト「弥生会計(クラウド版/デスクトップ版)」について、新規のお客様向けキャンペーンの告知DMです。デジタルマーケティングをベースに販促しているのですが、それだけではなく、ダイレクトにお客様とコミュニケーションできるDM施策を約2年前から組み合わせて行っています。新規のお客様向けDMについては、これまで社内を中心にディスカッションをしたり、お客さまにヒアリングをしてアイデアを練り、制作会社さんにお願いしていくつか実施していたのですが、少し頭打ち感が出てきて、次の一手が見つからない状態になりました。そこで新しいパートナーを探そうということで、代理店でもなく、制作会社でもなく、「DMに強い会社」という視点に絞って、インターネットで検索して、2、3社さんにお声がけさせていただきました。

依頼しようと即決した理由は、
最初の面談で密度の濃いコミュニケーションができたこと。

お話をお聞きした中では、ハートナーズさんは他社さんと全然違いましたね。まず、こちらの話を親身に聞いてもらえたことと、最初の面談ですでに結構深いコミュニケーションができたのが印象に残っていますね。いままで作られてきたもののクオリティも高かったので、ぜひ話を進めたいと思いました。上司にもすぐ了承してもらえました。

どのアイデアを選ぶか?
うれしい悩みをさせてもらっています。

実際にお仕事をお願いして、期待以上という感想です。最初のお仕事からもう何度かお願いしていますが、毎回切り口の違うアイデアをいくつもいただいて、こちらとしてはどれにしようか、うれしい悩みの連続です。私たちのときにモヤモヤした話でも、上手に言葉やデザインにしてもらえるので、それもすごくありがたいですね。自分たちの考えをDMという形にしてもらうことで、その考えがどう見えるのか、どう伝わるのかについて評価できるんです。なので、これからもっといろいろな情報を共有してもらって、一緒に課題解決に向かっていきたいと思っています。

DM提案事例

上記はご提案の一部です。

これからはこれまで提案してもらったアイデアのストックを、
どんどん試していきたい

しばらくはこれまでに出していただいた、まだ実施していないたくさんのアイデアがストックされていますから、それらを順次実施していきたいですね。DMを販促手法として確立するためには、都度の失敗や反省点があってもそれを自分たちのノウハウにして、中長期的には右肩上がりで効率的になっていくように育てるというのが私たちのイメージです。いろいろなDMを試す中で、デザインはもちろん、切り口やコピー、DMの形状、申込方法などDMの要素をひとつひとつ丁寧に分析し、最適化することでアベレージを上げていきたいですね。そのためにもぜひハートナーズさんにはこれからも協力していただきたいと思っています。

ハートナーズさんとの打ち合わせは楽しい、
これってとても大事なことだと思っています。

打ち合わせが楽しいというのは、たぶん最高のパートナーだと思うんですが、ハートナーズさんとの打ち合わせは楽しいですね。自分たちの期待を超えるようなアイデアが出てきたときのわくわくした気持ちもありますが、そこからの議論も和気あいあいとしていて、それでいて建設的だったり、本質的な話もできる。ぜひ、このサイトをご覧の方にも体験してほしいですね。

そのほかのお客様の声はこちらから

感 想

 

DM事例_弥生

弥生様から最初に請け負ったDM(ダイレクトメール)では、A・Bテストを実施しました。ABで反響に明確な差がでて、2回目は反響が高かった案と過去に実績のあった案で再度ABテストを実施しました。もちろんテストすれば費用はその分増えてしまいますが、よりよいDMを求めて改良を続けるという弥生様のDMに対する姿勢に感銘を受けました。どんな企業様であれ、効果的なDMをつくるためにテストはとても有効な手段であると実感しています。これからもより良いDM(ダイレクトメール)が実施できるよう、様々な角度から新し提案を続けていきたいと考えています。