効果の高いDM企画のチェックリスト

成功するDMのポイントは「リスト」
「商品・サービス」「クリエイティブ」

ダイレクトメールの効果を左右する要素は大きく分けて3つあります。1つ目はリスト。2つ目は案内する商品・サービスの内容。そして3つ目がクリエイティブ(デザインやコピー)です。この基本要素に世の中の状況などが影響し、レスポンスが変わってきます。ここでは大まかにではありますが、各要素についてのチェックができるようにしました。DM制作、デザインの参考に。

☑リストの絞り込みをしましたか?

費用対効果を高めるには、リストの精度を上げるのが一番の近道です。
ダイレクトメールの内容に合わないリストは、可能な限り対象からはずし、
無駄なメールを1通でも減らす努力を惜しんではいけません。

☑案内する内容は吟味しましたか?

集客でも、商品の販売でも案内する内容を工夫することでレスポンスを上げることができます。「ターゲットに対して、何らかの強いメリット訴求できる」という確信が持てることが大切です。

☑ダイレクトメールを発送する
曜日や時期について検討しましたか?

ダイレクトメールで実施するタイミングを工夫することでレスポンスを上げることができます。
どのタイミングが良いのかについては様々な角度からの検討が必要です。

☑レスポンスをアップさせるための
工夫は盛り込みましたか?

ダイレクトメールのレスポンスをアップさせるためのいろいろな手法があります。たとえば期間限定の特典や割引を実施したり、紹介キャンペーンを実施したり、クーポン券を同封したりなどです。案内する内容やターゲットに合わせて適切な手法を選択しましょう。

☑レスポンスの目標は設定していますか?

ダイレクトメール1通あたりのコスト、損益分岐点などを基準に、目標とするレスポンス率や受
注額を決めておきましょう。

☑ダイレクトメールのクリエイティブに、
工夫や斬新さはありますか?

ダイレクトメールの制作は一般の広告とは作り方に違いがあります。ダイレクトメールならでは
の表現や構成を理解しているコピーライターやデザイナーに依頼することが重要です。

☑個人情報保護法への対応はできていますか?

リストを使用する場合、個人情報保護法への対応が必要です。

そのほかの記事はこちら